作業員

温度調整の手間を省きたいなら自動制御機器を導入

  1. ホーム
  2. 作業用ライトを運用する

作業用ライトを運用する

作業員

夜の荷役作業や工事現場などで活躍するのが作業灯です。大型のものを二つ以上設置すると昼間と変わらない明るさになり、事故を大きく減らすことができます。施設に据え付けられているライトなどでは照らせない場所も明るくすることができるのが大きな特徴です。これは大きなメリットであり、想定外の場所を夜でも安全な場所にするために作業灯は常備するべきといえるでしょう。法人は現場の安全を確保する義務と責任があります。こうした作業灯などの道具をしっかり取り揃えておくことで、会社や工場は地元で信頼される法人となるのです。ライトは大きさや出力、電源の形式など特徴が大きく異なっているので、想定される用途に応じた作業灯を購入しましょう

作業灯を上手く運用していくためにはその運用方法についても知っておくべきです。据え置き型と持ち運びできるタイプ、高所に設置したり手で持ち運ぶものなど様々なものが存在します。それらは運用方法を間違えると逆にまぶしくなってしまい、視界不良を引き起こしてしまうのです。特にランタンタイプの作業灯を高所に設置してしまい、まぶしい中で作業したために事故が起きてしまったこともあります。施設に設置されているライトはその場所にあったものが選択されており、利用者に悪影響がないように計算されているのです。それと同じように、会社や工場で作業灯を使う場合にも適切なライトの照らし方を知っておきましょう。そうすることで夜の暗い中で安心して作業できる環境となるのです。