男性

温度調整の手間を省きたいなら自動制御機器を導入

太陽光発電

農業と発電を同時に

ソーラーシェアリングは農業と太陽光発電を同時に行なえる仕組みで、売電収入が得られるため小規模農家の安定した経営が期待できます。現在では3年間の条件付きで、農地へのソーラーパネル設置が認められています。

自然エネルギー

エネルギーの活用方法は

自然エネルギーは、太陽光や風力など限りの無いエネルギーとされ、地球環境に優しいこともあり利用が広がっている。これらの自然エネルギーでは天候などの環境に影響するため、従来エネルギーとの併用が必要である。

作業員

作業用ライトを運用する

作業灯は施設のライトと違って持ち運んだり、好きな場所に設置できるのが大きな特徴です。屋外で使う作業灯はその用途を間違えると強すぎる光で視界不良をおこしてしまいます。ランタンタイプや据え置き型などの特徴を知り、適切な作業灯の運用をしていきましょう。

温度調整を自動化

男の人

建物の温度などを調節する空調を、毎日使用しているオフィスは多くあります。人の出入りによって温度が変わりやすいオフィスには欠かせないものですが、空調が必要以上に稼働していると、電気代などのコストがかかっている場合があります。また、空調は滅多に壊れないからと点検せず放置していると、いつの間にか故障して起動できなくなるケースもあるのです。安全に使用するためには、自動制御機器を利用しましょう。これは、建物の温度や湿度を自動制御してくれる機能だけでなく、冷凍機を安全に運転するための機能もついています。以前までは、オフィスビルなどの施設にしか自動制御機器はついていませんでしたが、現在ではマンションや一般住宅などにも導入されるようになりました。自動制御のメリットには、自動的にシステムなどを調整してくれるため、勝手に温度調節を行ってくれることが挙げられます。また、稼働する際に使われるエネルギーを最低限に抑えてくれるので、節電対策や低コスト対策にも利用できます。

どの建物でも自動制御機器は同じものを使用するイメージがありますが、建物や用途によって種類を選ぶことが大切です。例えば、センサー部分だけでも、室内のみ温度を計測するセンサーやダクトに侵入した温度を認識するセンサーなどがあります。このセンサーは検出部のみに使われているため、これとは別に調節部や操作部ではコントローラや操作器などを選ぶ必要があります。